テレビ会議を利用するメリット

参加者が一堂に集まっていなくても、会議を開催することができるため、多くの組織でテレビ会議の導入が進んでいます。


導入する利用するメリットはさまざまありますが、会議を開催する前後の時間を有効に活用できることは、最大のメリットであるといえます。

従来の会議開催の場合には、会議の開催場所へ移動するための時間が必要でした。



そのため会議の開催前後の時間は、どうしても移動時間に割り当てる必要がありました。

また次の予定を入れる際にも、会議開催場所からの移動時間を考慮しなければならず、会議の前後の時間はどうしても予定が立て込んでしまう傾向がありました。
また参加するメンバーのスケジュール調整も必要なため、すぐに意志決定をする必要があるのにも拘わらず、思うように会議を開催できないということも少なくありませんでした。


もちろんテレビ会議を導入する際には、専用の機材のための設備投資が必要ですが、専用システムを各拠点に設置すれば、会議のたびに移動のための交通費もかからなくなります。

また参加するメンバーの時間調整も格段に楽になります。

「時は金なり」ということわざもあるように、会議参加者の限られた時間を有効に活用することは、組織にとって非常に大きな利点があるといえます。



テレビ会議はすでに多くの組織で導入が進んでいますが、その便利さが広まるにつれて、導入検討を始める組織も増えています。



そのためテレビ会議は、今後はより多くの組織で利用されるようになることでしょう。